montana24

記事一覧(23)

ねこらむ、第9回です。

ねこらむ、第8回です。

ねこらむ、第7回です。

2月22日に猫の日という、絶好のタイミングがあったにもかかわらず、ねこらむを更新しなかった舞草です。すいません。こんなだからアタシってゴミだなって思ってます。そろそろ4月だのに、あったかくならないし、気分もあがらない、気温もあがらないし、歳だけはとっていくし、からきし春を感じられませんが、そんなことなどおかまいなしに、猫は今日も淡々と暮らしています。各々で居場所を見つけては、なにをいうでもなく、ただ暮らす。その健気さに敬意しかありません。猫は夏。ひんやりしているところを見つけては、そこに長居します。猫は冬。あったかいところを見つけては、そこに長居します。言いかえれば、猫がいる場所というのが、快適な場所であるということなんでしょう。杏(あんず:オス10歳)は、近頃めっきり父親の部屋にいます。夏はここに立ち入ることがないのですが、この時期ばかりは父親の部屋に居り浸り、毛布をふみふみ、ときに粗相をしてしまい、父にこっぴどく叱られつまみ出されたりしながら、それでも部屋に入れてもらえるのを扉の前でじっと待ちます。だいたい父親の方が根負けして、杏は意気揚々と部屋に入っていくのです。長期戦に強いのはいつだって人間よりも猫なのです。出勤しないきゃいけない朝に、こいつの寝姿。はー、猫になりたい。

ねこらむ、第5回です。

皆様あけましておめでとうございます。ただネコが好きというだけでのらりくらりやっている、誰得もない「ねこらむ」に遊びに来てくださっている方々、本当にありがとうございます。そしてなにより、この場を提供してくれた、つるうちはな社長、本当にありがとうございます。ひとりでも見に来てくださるかたがいる間は続けていこうと思っているので、今後ともどうぞよろしくお願いします。最近全力で寒くなってきましたね。こんな夜、そとネコさんたちが人知れずじっと寒さをこらえているのかと思うと、このときばかりは、早く朝になってほしいと願うばかりです。それ以外はまぁ、あれですけど。ネコ団子、というのを聞いたことがありますか?ありませんか?その名のとおり、複数のネコが身を寄せ合い、団子のようになったさまをそう呼びます。この季節になると愛媛の青島、福井越前の御誕生寺などでは、わりとしっかりした大きめのネコ団子をみることができました。ネコ団子、一度混ざりたいものです。ネコのからだは本当にあたたかく、腹のうえにネコを乗せていると乗っかってたところだけじんわり汗をかくほど。いつかネコ団子の中心部を長〜い温度計を挿して実測したいものです。ふだんは、お互いのテリトリーを尊重し、それぞれが別々の落ち着く寝床でくつろいでいるのに、こうしてネコが身を寄せ合っているときは、よっぽど寒い日なんだなと思います。こちら互いをあたためあう実家の、杏(あんず)と銀(ぎん)です。それでは皆様、風邪には十分お気をつけ下さいね。舞草