イナダミホ

シンガーソングライター
レーベル:タフな乙女のアパートメント「花とポップス」
mini album 「ポップネス」好評発売中!



HP:www.inadamiho.net

記事一覧(8)

「歌うおかあさんと4人のこどもたち」第2話〜兄弟の立場とこどもの頃のあそびのお話〜

シンガーソングライターのイナダミホです!4人のこどもたち(小2女子・年中女子・2歳の双子の男の子)を育てながら、週末や夜に音楽活動をしています。子育てのこと、生活のこと音楽との両立について、ありのままを綴っていきます。子育て中の方はもちろん、子育て中でなくても楽しんでいただけると思いますので、どうぞ〜!--------------------皆さん、兄弟はいますか?わたし自身は4歳差の妹、6歳差の弟がいます。つまり長女。三兄弟です。3人兄弟のバランスが好きで、と言うか落ち着くので我が家は3人ほしい!となりました。(結局3番目は双子だったので4人になりました。これがまた面白いバランスです!)夫は一人っ子。なんと育ってきた環境に不満が全くありません。それなりに苦労もあったようですが、元々こどもの頃から不満がないようです。(ご両親がまた素晴らしくて。。。勉強になります!)4人兄弟の母になるまでは、それぞれの兄弟の立場ってぼんやりしていた存在でした。主観が強いし、あまり寄り添えなかった。それより長女の大変さ、苦しさ、下は可愛がられていいなあ!が強くて捻くれていたんですよねぇ、、、。(兄弟には散々迷惑をかけた気がする。)そんな私ですが、いざ母親になってみると、どうしてなかなかそれぞれの立場の大変さが母親目線で理解することが出来て。結果的にじぶんの兄弟たちが置かれていた立場も理解することができて、それはそれは大きな収穫でした。「妹いいなあ!弟いいなあ!」がなくなりました。それぞれめっちゃ苦労してた。知らなかった。ごめん。今そんな気持ちです。「親の気持ちがわかる」ことはもちろん、「兄弟の気持ちもほんのりわかってくる」。それはステキな気付きでした!