ねこらむ、第7回です。

2月22日に猫の日という、絶好のタイミングがあったにもかかわらず、ねこらむを更新しなかった舞草です。

すいません。

こんなだからアタシってゴミだなって思ってます。


そろそろ4月だのに、あったかくならないし、気分もあがらない、気温もあがらないし、歳だけはとっていくし、からきし春を感じられませんが、そんなことなどおかまいなしに、猫は今日も淡々と暮らしています。各々で居場所を見つけては、なにをいうでもなく、ただ暮らす。

その健気さに敬意しかありません。


猫は夏。ひんやりしているところを見つけては、そこに長居します。

猫は冬。あったかいところを見つけては、そこに長居します。

言いかえれば、猫がいる場所というのが、快適な場所であるということなんでしょう。


杏(あんず:オス10歳)は、近頃めっきり父親の部屋にいます。夏はここに立ち入ることがないのですが、この時期ばかりは父親の部屋に居り浸り、毛布をふみふみ、ときに粗相をしてしまい、父にこっぴどく叱られつまみ出されたりしながら、それでも部屋に入れてもらえるのを扉の前でじっと待ちます。だいたい父親の方が根負けして、杏は意気揚々と部屋に入っていくのです。

長期戦に強いのはいつだって人間よりも猫なのです。


出勤しないきゃいけない朝に、こいつの寝姿。

はー、猫になりたい。

今日も見てくださってありがとうございます。

舞草香澄

花とポップス-タフな乙女のアパートメント-

つるうちはな主催レーベル「花とポップス」のオフィシャルサイト。

0コメント

  • 1000 / 1000