Nakanoまる MV「笑う女の子」&アルバム「MOM」ジャケット&応援コメント、一挙公開!!

ミスiD2017審査員特別賞受賞!奇天烈可愛い存在感で話題沸騰中のシンガーソングライター『Nakanoまる(なかのーまる)』が、花とポップスより、満を持して11/8発売のフルアルバム「MOM」にて全国デビューいたします!


本日、アルバム「MOM」よりリードトラック「笑う女の子」のMVが解禁。このMVは、カノエラナ(「楽しいバストの数え歌」MV)、みゆはん(「リスキーシフト」アートワーク)などを手がけた森岡千織監督によるもので、Nakanoまる自身が映像&アートワーク全般を森岡監督に依頼するためにクラウドファンディング「はばたいて、Nakanoまる」を立ち上げ、先日155%達成(155万円)で終了している。

今回のMV「笑う女の子」は、歌詞中の「100のうち99は嘘、真実はいつでも1つ」から発案した内容となっており、冒頭からエンディングまでに「99の嘘」をひとつひとつ映像化。24時間ぶっ通しで撮影されたという細部にまでこだわり切った森岡千織ならではの狂気とポップネスが表現されており、一度聴いたら口ずさみたくなるNakanoまるの独自のポップセンスと見事に融合した渾身の作品となっている。


また、アルバム「MOM」発売に向けて更に、森岡千織監督によるリリックビデオが順次公開予定。11/18にはDeseo miniにて工藤ちゃん、ゆっきゅんとのレコ発スリーマンも決定している。


今回の作品に向け、ミスiD主催の小林司を始めとし、応援の声も続々届いている。


『ミスiDという、ジャンルや決まりごとを無視した、要するになんでもありのオーディションにNakanoまるは応募してきた。いろいろあって、最後彼女はミスiD2017の「特別賞」を受賞する。なにが「特別」なんだと言われると…なんなんでしょう。そもそもミスiDですらいまだにうまく説明ができない。ただ、この賞は今年からできて、来年はないかもしれない。つまり、Nakanoまるは必然的に「特別」な女の子、です。ミスiDのカメラテストで、初めてアコギ片手に彼女が歌うのを聴いたとき、「あ、特別な声の人っているんだ」と思って、それはいまも変わらない。Nakanoまるの声は、YUKIに似てる、とかいろいろ印象はあると思うけど、僕には聖歌のように聴こえる。最近は自分=歌であることがシンガーソングライターであるような風潮はあるけど、だとしたらNakanoまるはシンガーソングライターではないような気がする。あんまり自分の歌を歌ってないから。「笑う女の子」なんて、誰目線なんだよと聴くたびに思う。でもそれがNakanoまるの最大の魅力なんだと思う。オーディション中もあまりにへんな顔や加工で文字をいれて顔のよくわからない写真ばかりあげるので、「可愛いんだからもっとシンプルに自撮りとか載せないの?」と言っても「ふふふ」みたいな感じでごまかされた。たぶんNakanoまるは自分にそれほど興味がない。理由はよくわからないけど自分にベタベタしていない。なんだろう。でもだから、その声はとても神々しく、天から降りてくるような歌声に聴こえる。まるで濁りがない。それは、この承認欲求の時代にかなり「特別」なことで、だから、Nakanoまるの歌は聖歌みたいに聴こえるのだ。』

小林司/ミスiD実行委員長


『伸縮自在の女の子を三次元で見つけてしまいました。はねてとんで伸びるのにいつでも真ん中にもどってくるの。こんなに振り回されたら一緒に叫んじゃう。わらいながら!』

konore/Controversial Spark, 超大陸パンゲア, the rooms


『「Nakanoまる」と書いて「なかのーまる」!「アブノーマル」の発音ね!口頭で、ツイッター上で、何回説明したかわかりませんが、おそらくハグが1番多く言い続けてきたのではなかのーまる。あ、なかろうかと!ブッキングライブ、ハグロック、鉄コンピ、その他、ラジオとかフリーライブとか、何かある度に、のーまるさんを誘ってました!ちゃんと結果出してくれるんだよねー!ブッキングマン冥利に尽きるってやつです!どんな子かって?とにかくいつも「ウフフ♪」「アハハ♪」って笑う女の子で、子供みたいってゆうか、どこか浮世離れしてるおかしな子!楽曲も超自由で、リアルとメルヘンを行ったり来たりしてて、楽しいんだけど胸の奥がキュンってする不思議な感じ!えーっとね、なんか、妖精みたいな子(猫娘説も)がやってきて、キラキラーん☆ってしたら、そこにいる人たちの心がちょっと綺麗になって、喧嘩とかもなくなって、みんな笑顔になるみたいな!なんかお腹減ったねーみたいな!ふと見たらベンチにおにぎり置いてあるみたいな!余計わからなくなった?でもご安心を!そんな子が、『花ポ』と出会って、初の全国流通アルバムを出すんです!!!もうね、凄いよ!どこかフワフワしてた才能ちゃんの前に、はっきりとした道がパーーーーって開けてた感じ!その道を笑いながら、はばたいていく、まるちゃん!なんて素敵!みんな、絶対買わなかのーまる!あ、買わなきゃだよ!ヽ(・∀・)ノ”』

ハグてっぺい/HUG ROCK FESTIVAL主催


『マイナスイオンって目に見えないから信じてなかったんですが、このアルバムを聴いたらウソみたいにシュッてなりました。ただ聴き込めば聴き込むほどにまるちゃんの世界観が見えてきて、何かわかりたいような、わかりたくないような気持ちになります。草原で四つ葉のクローバーを探していると思ったら、見つけたクローバーを食べ出すような女の子。まるちゃんの全てというよりは、一部が入ったようなアルバム。きっとこうやってもっとまるちゃんを知りたいとハマっていく人が増えるんだろうなぁと思ってます。ちなみに私はどっぷりハマっております。最後のはんぶんこという曲が大好きです。Nakanoまるに一緒にハマりませんか?プイプイプーイ!』

花団ボーカルかず


『世界最強に可愛い生き物。こんな女を知ってしまったら、もう知らなかったときには戻れない。時代のポップアイコンにだってなれるし、ならなくたっていい。この人がのびのびと表現できることが何よりだと思います。彼女の幸せを何より望みます。まる・・恐ろしい子!』

花とポップス代表/つるうちはな

《Nakanoまる プロフィール》

Nakanoまる(なかのーまる)

シンガーソングライター

福岡県糸島市出身


2017年ミスiD審査員特別賞受賞後、水野しず主催のアートパフォーマンス集団「カリスマサイド」に参加、同時に、つるうちはな主催レーベル「花とポップス」に加入。

圧倒的かつ狂気的な表現であらゆる人を中毒にする魅力を持つ、シンガーソングライター。レーベル代表つるうちはな曰く、「世界最強に可愛い生き物」。

すでに関係者サイドからは「絶対売れる」との声が多方面から上がっている彼女のデビュー盤のアレンジを手がけるのは、「ぽわん」などのアレンジでも知られる、元「ひらくドア」のタカユキカトー。本人の狂気を更に増幅させるような奇天烈なポップさと時代性のあるサウンドで、シーンに殴り込みをかける。


《商品情報》

Nakanoまる 1st Full Album「MOM

レーベル「花とポップス」より 2017/11/8 全国発売!

HTP-1019/¥2500(税抜)


01.笑う女の子

02.恋

03.恋をした

04.猫にかまけて

05.よかった

06.からっぽ

07.メルヘンチックじゃない

08.やさしい

09.いい日

10.エンドロール

11.はんぶんこ


《Nakanoまる ピックアップライブ》

10/9 HUG ROCK FESTIVAL 2017(花ポ枠)


10/21(昼)豪徳寺リーフルーム(花とポップス女性無料イベント)


10/24 名古屋CLUB3STAR今池店


11/5(昼)高円寺ウーハ(つるうちはな vs Nakanoまる)


11/18(昼)DESEOmini with VV

『Nakanoまる\初!/全国リリース!\初!/企画!\わーい/』

出演:工藤ちゃん、ゆっきゅん、Nakanoまる 11/25 京都someno kyoto 他多数


Nakanoまるtwitter

https://twitter.com/abopppp


花とポップス オフィシャルサイト

http://www.hanatopops.com


花とポップス twitter

https://twitter.com/hanatopops/

花とポップス-タフな乙女のアパートメント-

つるうちはな主催レーベル「花とポップス」のオフィシャルサイト。

0コメント

  • 1000 / 1000